意匠登録ならファーイースト国際特許事務所の意匠登録センターにおまかせください
電話:03-6667-0247

意匠法について

デザインの登録なら意匠登録センター

デザインの悩みは意匠登録センターで解決します

デザインを保護する法律の一つに意匠法があります。

アイデアを保護する特許法、実用新案法、ブランドを保護する商標法等とは全く別の法律として意匠法が制定されています。

例えばデザインの側面をアイデアとして捉えられるなら特許法による保護を選択します。

また、商品のデザイン自体が一つのブランドとして成り立つのなら商標法による保護を選択します。

意匠法ではその保護対象を、「物品の形状、模様、色彩やこれらの組み合わせであって、視覚を通じて美観を起こさせるもの」と規定しています。

このように物品と一体となった美的側面が意匠法の保護対象となります。

もちろん、一つの物品に対し特許法による保護と意匠法による保護の両方を受けることも可能です。

例えば、タイヤの溝の構造が美的側面から意匠法の保護対象となる一方で、そのタイヤの溝の構造が制動性等を向上させる等のアイデア的側面から特許法の保護対象となります。

また意匠法で保護されるデザインには特許の場合と同様、新しさが求められます。
既に知られている様なデザインは意匠法の保護対象とはなりません。
既にあるものと変わらないものに改めて意匠権を与えて保護することもないからです。

またこれまで知られているデザイン等から簡単に創作できる意匠についても意匠法の保護対象とはなりません。
誰もが簡単に創作できるようなデザインに意匠権を付与したのでは、却って自由なデザインの創作活動を妨げる結果となるからです。

ダイヤモンド社の書籍「商標登録はお済みですか?」

今すぐ購入する

住所

東京都中央区日本橋本町4-14-2

電話番号

03-6667-0247

電子メール

info100@chizaipatent.com

営業時間

土日祝祭日を除く9:30から18:00まで

意匠登録専門