意匠登録ならファーイースト国際特許事務所の意匠登録センターにおまかせください
電話:03-6667-0247

部分意匠

部分意匠制度は、意匠登録の基礎となる物品の部分に表れたデザインを保護するものです。

デザインの特徴がある物品の一部分である場合、その一部分を巧みに模倣しながら全体としては別の意匠に仕上げることで、意匠全体としては非類似とすることにより意匠権による訴追を免れるケースがありました。

この部分意匠制度を活用すれば、特徴ある物品の部分を効果的に保護することができるようになります。

ただし物品の部分を保護できるといっても、物品を離れたデザインのモチーフそのものを保護することができるわけではないことに注意する必要があります。

また部分意匠の保護対象は物品の美的外観ですので、ある物品の部分に技術的特徴があるだけでは部分意匠制度の保護対象とはなりません。

技術的特徴は特許法による保護を別途考慮する必要があります。

意匠法の場合、これまでにある素材から容易に創作された意匠は意匠登録の対象とはなりませんでした。

このため物品のもつ機能から全体の外形が定まってしまうような分野のデザインについては意匠登録を受けることが困難な面がありました。

しかしながらこの部分意匠制度を利用することにより、物品のデザイン全体に特徴がなくても、物品の一部に特徴があるなら比較的容易に意匠権を取ることができるのです。